Home » お知らせ » EveryDB2をリニューアル公開!

EveryDB2をリニューアル公開!* Cattle Software *

2014年05月15日 category : お知らせ 

ご無沙汰をしております。EveryDB2管理者のCattleです。
長らく更新を停止していました、EveryDBですが、この度、機能を大幅に強化してEveryDB2としてリニューアルしました。EveryDB1.xから、以下のような点を強化しています。

WindowsVista、7、8への対応

EveryDB1.xは、WindowsXPまでしか対応していませんでしたが、WindowsVista、7、8に対応しました。

メモリーリークの大幅改善

EveryDB1.xでは「.net Framework2.0」の制約(ラージオブジェクトヒープの制約)から、メモリリークが発生していましたが、「.net Framework4.0」を採用することによって、このメモリリークの発生を大幅に低減しました。実質的にその発生を無視できるほどに低減しています。

新規テーブル対応

JRA-VAN DataLabから提供されている、以下の新規テーブルに対応しました。

  • 系統情報(KEITO)
  • コース情報(COURSE)
  • 対戦型データマイニング予想(TAISENGATA_MINING)
  • 重勝式(WIN5)(JYUSYOSIKI)
  • 競走馬除外情報(JOGAIBA)

新規データベース管理ソフトに対応

①新規対応
  • DB2
  • HiRDB
  • Symfoware
  • EXCEL
  • SQLserverCompact 4.0
②新バージョン対応
  • SQLserver 2012
  • SQLserverExpress 2012
  • ACCESS 2013
  • Oracle 12c
  • PostgreSQL 9.x
  • Firebird 2.x
  • SQLite 3.x
  • MySQL 5.x

共通エンジン(E-Core)の新規開発

E-Coreという共通DLLを新規に開発し、EveryDBとEveryDBFrameworkの機能を集約しました。E-Coreは接続仕様を公開し、ソフト開発者はEveryDBと同等機能を簡易に利用可能です。(E-Core公開は別途予定)EveryDB2.0では全面的にE-Coreを採用し、EveryDB2.0は別途公開予定です。

その他の改善点

  • MDIインターフェイス採用(見た目が変わりました)
  • コマンドラインからの起動に正式対応しました。
  • テーブルを蓄積系と速報系に分割しました。用途によって使い分けが可能です。
  • 過去の時系列オッズデータ取得に対応しました。
  • 各テーブルのインデックス項目を見直ししました。
    (スケジュールテーブル以外は、MonthDayをインデックス対象外)

注意事項

EveryDB1.xとテーブル構造等が異なるため、データベースやsetting.xmlの引継ぎは不可能です。EveryDB2.0でデータベースの新規構築をお願いします。

最近のコメント

カテゴリー

Copyright(c) 2014 * Cattle Software * All Rights Reserved.