3-3-E. Oracle

OracleはOracle社が提供する本格的なRDBMSです。現在商用システムで最も利用されているRDBMSと言われています。個人用のPersonalEdition等、複数のバージョンが準備されています。EveryDBからは「ODP.NET」を通じて、高速にアクセス可能です。
「Oracle12cリリース1 for Windows 64bit」でイントール手順を説明します。

1.セキュリティ・アップデートの構成

セキュリティ・アップデートの構成画面が表示されます。「次へ」をクリックします。

2.Software Updateのダウンロード

Software Updateのダウンロード画面が表示されます。適切なオプションを選択して、「次へ」をクリックします。

3.インストール・オプションの選択

「データベースの作成および構成」を選択します。「次へ」をクリックします。

4.システム・クラスの選択

システムクラスを選択します。ここでは「デスクトップクラス」を選択しました。「次へ」をクリックします。

5.Oracleホームユーザの指定

Oracleを動作させるユーザを指定します。ここでは新規のWindowsユーザを作成しました。「次へ」をクリックします。

6.標準インストール構成

インストール構成を指定します。ここでは、データベースのエディションとして「Personal Edition」を選択し、グローバルデータベース名に「orcl」を指定しました。「次へ」をクリックします。

7.前提条件チェックの実行

前提条件チェックの実行処理が動作します。

8.サマリーの表示

設定内容のサマリーが表示されます。内容を確認し、「インストール」をクリックします。

9.製品のインストール

インストール処理が開始します。全部で1時間程度の時間を要します。

10.パスワードロックの解除

下記の画面が表示されます。初期状態ではSYSやSYSTEM以外のユーザはロックされていますので、「パスワード管理」をクリックして、使用するアカウントのロックを解除してください。

11.インストール完了

Oracleデータベースのインストールが完了します。インストール作業は以上となります。