3-3-M. EXCEL

EveryDB2からEXCELに対しても直接更新が可能となりました。
EXCELはユーザから扱いやすい反面、EveryDB2からのデータ更新は非常に遅く、常時使用するのには耐えられないほどです。
特にEXCELでは主キーが設定不可であるため、レコード件数が多くなると、極端に動作が遅くなります。

とりあえず、データの中身をサンプルで数百件程度確認したいといった使い方であれば問題ないと思います。もっと多くのデータをEXCELで使用したいという場合は、他のDBMS(例えばSQLite)に必要データを一度更新して、EveryDB2の「CSV出力機能」でCSV出力してから、EXCELで開いたほうが結果的に処理は早くなります。
ここではEXCEL2007を例に説明しますが、インストールの方法自体は割愛します。

1.EXCEL2007の起動

EXCEL2007を起動します。「名前を付けて保存」を選択し、空のEXCELファイルを任意の名前で作成しておきます。

EXCELでの設定は以上になります。