4-2-B. SQLserverCompact

「接続設定」「データベース作成」「テーブル作成」の順番で作業を行います。

1. 接続設定

  1. 「データベースの種類」グループで、「SQLserver Compact」を選択します。
  2. 接続設定の「ファイルパス」で、「3-3-B.SQLserver Compact」の「8.空のデータベースファイル作成」で作成した、空のデータベースファイルを指定します。
  3. 「接続確認(K)」ボタンをクリックして、「接続に成功しました」とメッセージが表示されることを確認してください。

2. データベースの作成

データベースファイルは既に作成していますので、別途の作成は不要です。

3. テーブルの作成

  1. 「テーブル作成」ボタンをクリックします。
  2. 「テーブルの作成を行いますか」の確認メッセージに「はい」を答えます。
  3. 「テーブルの作成に成功しました」の確認メッセージを確認します。